NY株反発、181ドル高

共同通信

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに上昇し、前日比181・97ドル高の2万6346・01ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は79・96ポイント高の7903・74と反発した。

 米中貿易協議進展への期待感から買い注文が優勢となった。中国側の前向きな交渉姿勢を伝える米メディア報道などが好感された。ダウ平均の上げ幅は一時、260ドルに達した。

 銘柄別では、マイクロソフトなどIT関連の上昇が目立った。

PR

PR

注目のテーマ