トルコの攻撃「悪い考え」

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は9日、シリア北部でトルコが開始した新たな軍事作戦について「米国は支持しない。悪い考えだとトルコにはっきり言ってきた」とする声明を発表した。米軍は既に撤収済みだと明らかにした上で、米国の利益にならない戦争には関わりたくないとし、撤収に理解を求めた。

 米軍のシリア北部からの撤収に対しては、超党派での批判が相次いでいる。トランプ氏は「私は政界入り初日から、終わりのない無意味で、米国のためにならない戦争をしたくないと明言してきた」と強調した。

 声明では「北大西洋条約機構(NATO)の一員であるトルコが今朝、シリアに侵攻した。

PR

PR

注目のテーマ