アイドル遺族に賠償請求

共同通信

 愛媛県が拠点の農業アイドル「愛の葉Girls」の元所属事務所「Hプロジェクト」(松山市)と社長は11日、昨年3月に自殺した元メンバー大本萌景さん=当時(16)=の遺族と代理人弁護士が記者会見で公表した内容は事実に反し名誉毀損に当たるとして、計約3600万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 遺族は、自殺はパワハラや過酷な労働環境が原因だとして、Hプロジェクトや社長らに損害賠償を求めて提訴し、東京地裁で係争中。

 訴えによると、遺族側が提訴した際の記者会見での発言や、代理人弁護士が代表を務める団体のウェブサイトに掲載された内容が事実と異なると主張。

PR

PR

注目のテーマ