東京円、108円挟む取引

共同通信

 11日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円を挟んで取引された。

 午後5時現在は前日比51銭円安ドル高の1ドル=107円91~92銭。ユーロは51銭円安ユーロ高の1ユーロ=118円82~86銭。

 トランプ米大統領が中国の劉鶴副首相と11日に会談する意向を表明したことで、米中貿易協議の進展が期待された。投資家のリスク回避姿勢が弱まり、朝方はドルが買われて円が売られた。

 その後は協議の内容を見極めようと様子見ムードが広がり、小幅な値動きが続いた。市場では「会談を前に動きにくい状態だった」との声が聞かれた。

PR

PR

注目のテーマ