前校長に諭され相談できず

共同通信

 神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で、男性教諭(25)が昨年末に被害を打ち明けようとした際に前校長(今春異動)から「いじめられてないよな」と諭されて言い出せなかったと説明していることが11日、関係者への取材で分かった。前校長は市教育委員会に「昨年末の段階ではハラスメントの報告はなかった」と主張。市教委が経緯を調べる。

 関係者によると、男性教諭は昨年12月、前校長との期末面談でいじめについて相談するつもりだった。ただ、冒頭に「嫌がらせを受けていると周囲から結構聞くが、(加害者の)お世話になっているんだろ」などと言われ、伝えることができなかったとしている。

PR

PR

注目のテーマ