バレーW杯、日本敗れメダル逃す

共同通信

 バレーボール男子のワールドカップ(W杯)第10日は14日、広島県立総合体育館で行われ、世界ランキング11位の日本は2016年リオデジャネイロ五輪覇者、世界1位のブラジルに1―3で敗れて3敗目(7勝)を喫してメダルの可能性がなくなり、4位が確定した。ブラジルは10戦全勝で3大会ぶり3度目の優勝を決めた。

 世界選手権2連覇中のポーランドはカナダを3―0で下し、8勝2敗。前回優勝の米国もロシアを3―0で退け8勝目(2敗)を挙げた。

PR

PR

注目のテーマ