東京円、108円台前半

共同通信

 連休明け15日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。

 午前10時現在は前週末比46銭円安ドル高の1ドル=108円37~41銭。ユーロは66銭円安ユーロ高の1ユーロ=119円48~49銭。

 米国と中国の貿易協議が部分合意に達し、米中貿易摩擦の激化に対する投資家の懸念がひとまず後退。比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「貿易協議の先行きには慎重な見方も根強く、円を売る動きの勢いは乏しかった」(外為ブローカー)との声があった。

PR

PR

注目のテーマ