緑茶をいいちこで入れることで、革命的に美味くなる!?「いいちこ 究極のお茶割り」など25種類以上の飲み方を紹介するWEBコンテンツ「下町のナポレオンの辞書」公開開始!!

PR TIMES 三和酒類株式会社

 三和酒類株式会社(本社:大分県宇佐市 / 社長 下田雅彦)は、令和元年10月15日より、「本格焼酎いいちこ」のプロモーションとして、合計25種類以上のいいちこの飲み方を紹介するWEBコンテンツ「下町のナポレオンの辞書」と、その中から特に代表的な飲み方を紹介するWEBムービー「いいちこ 究極のお茶割り」篇・「いいちコーヒー」篇・「いいちこスパイシーハイボール」篇を同時公開いたします。




【下町のナポレオンの辞書 について】

WEBサイトURL:https://www.iichiko.co.jp/promotion/sc

 若者のアルコール離れと言われる話もあります。そんな今だからこそ、「いいちこの美味しさに気づくキッカケを作りたい」という思いから、“定番の飲み方だけでなく、試したくなるユニークな飲み方を紹介する”というコンセプトで、今回のコンテンツを制作しました。また、本プロモーションは、いいちこブランドとして初のWEBプロモーションとなります。
 いいちこのキャッチコピー「下町のナポレオン」を「いいちこを愛する革命家」というオリジナルキャラクターとして描き下ろし、そんな下町のナポレオンが記した「いいちこのユニークな飲み方辞書」という設定です。

【代表レシピとそれを紹介するWEBムービーについて】

 今回のレシピの中で、特に美味しく、コンビニエンスストアなどで手軽に材料を集められる3つの飲み方を、下町のナポレオンが紹介するWEBムービーです。ムービーをご覧いただき、ぜひご家庭などでお試しください。

いいちこ 究極のお茶割り

お茶を、「水」ではなく「いいちこ」で入れる究極のお茶割り。
爽やかな香り / すっきりとした味わいで、お茶と相性抜群のいいちこ。
そんないいちこで、低温かつじっくりとお茶を抽出すると、
苦味や渋みを抑えながら、甘み成分である「テアニン」を引き出せるため、
革命的に美味しく仕上がります。







http://www.youtube.com/watch?v=LXSpONAhY8c
いいちコーヒー

いいちことアイスコーヒーを1:3の割合で混ぜ合わせたカクテル。
いいちこのスッキリとした麦の風味がアイスコーヒーの苦味と混ざり合って、
革命的に美味しく仕上がります。






http://www.youtube.com/watch?v=6lRI-5UtqtQ
いいちこスパイシーハイボール

定番のいいちこのソーダ割りに、なんと胡椒を入れたスパイシーなハイボール。
いいちこのスッキリとした味わいやうまみがスパイスで更に引き立つことで、
革命的に美味しく仕上がります。







http://www.youtube.com/watch?v=s3lI90JLu8A
【他プロモーション展開】

今回のコンテンツ・ムービーと同時に、いいちこスペシャルサイトも展開しております。
いいちこの品質へのこだわりや受賞歴、キャンペーン情報なども公開しておりますので、
ぜひご覧くださいませ。

スペシャルサイト:https://www.iichiko.co.jp/promotion

また、いいちこブランドを体験できる特別なコンテンツも11月公開に向けて鋭意制作中です。
こちらのコンテンツにもどうぞご期待ください。

【いいちこ とは】

 厳選した大麦・大麦麹と天然の清冽な水だけで醸した、まろやかで飲み飽きしない本格焼酎です。世界30カ国以上で愛され続ける本格焼酎のベストセラーとして、おかげさまで今年発売40周年を迎えました。実は、今回のプロモーションでスポットライトが当たったキャッチコピー「下町のナポレオン」や商品名の「いいちこ」は、どちらも公募によってつけられています。

【いいちこアンバサダーについて】

 すでに広く親しまれている「いいちこ」の、新たな楽しみ方の発見と発信を目的として、いいちこを愛し、魅力を共に発見・発信していただける「いいちこアンバサダー」の募集を行っております。今回掲載のレシピの多くも、「いいちこ」の新しい飲み方提案として、スペシャルイベントやモニターキャンペーンなどを通し、いいちこアンバサダーの方々に訴求しています。

いいちこアンバサダー募集サイト:
https://form.ambassador.jp/get/iichiko/ambassador/entry?age=up&remain=0

【三和酒類株式会社 とは】

■本社:大分県宇佐市大字山本2231番地の1
■設立:1958年
■事業内容:酒類食品製造業
■HP:https://www.iichiko.co.jp/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ