長崎県・壱岐市でSDGsをテーマにしたフェス、SDGs WEEKEND IKI COLORsが初開催!

PR TIMES ラブエフエム国際放送株式会社

2019年11月16日に長崎県壱岐市、弁天崎公園にて初開催。未来を感じさせるSDGs SHOWCASEの他、未来の働き方について考えるトークショーや、アーティストライブ等を実施予定。


SDGs WEEKEND IKI COLORs 2019
日程:2019年11月16日(土)10:00~17:00
会場:弁天崎公園(長崎県壱岐市)
入場無料
公式HP:http://iki-sdgs.jp/iki-fes/
公式フライヤー:https://prtimes.jp/a/?f=d30637-20191015-5391.pdf

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。2018年6月、「SDGs(エスディージーズ)未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に長崎県の壱岐市が選ばれました。壱岐市はいま、最新のテクノロジーを駆使して国や民間企業と様々な取り組みを実施していることで注目を集めています。SDGs WEEKEND IKI COLORsではそんな壱岐市の具体的な取り組みを市民や島外に向けて伝え、多くの方がSDGsに関する興味関心を持つきっかけをつくりたいと考えます。
トークセッション
未来の仕事や働き方、壱岐の可能性についてそれぞれの分野の第一線で活躍している方々がトークを行います。
●登壇者:阪本雅司(富士ゼロックス株式会社)、家入一真(株式会社CAMPFIRE)、橋本正徳(株式会社ヌーラボ)、竹清仁(モンブラン・ピクチャーズ株式会社)、藤戸剛(FUJITO)、進浩人(株式会社ZOZOテクノロジーズ)、白川博一(壱岐市)

アーティストライブ

曽我部恵一
1971年生まれ、香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐に渡って活動を展開中。2018年12月21日にNEWアルバム『There is no place like Tokyo today!』をリリース。
http://www.sokabekeiichi.com


環ROY | Tamaki Roy
1981年、宮城県生まれ。これまでに5枚の音楽アルバムを発表、国内外の様々な音楽祭に出演。その他、鎮座DOPENESS/U-zhaan/坂本龍一/島地保武/YUKIなどとコラボレーションでの制作を行う。
http://www.tamakiroy.com


クボタカイ
宮崎出身・福岡在住、1999年生まれのラッパー/トラックメイカー。幅広い音楽性と文学の香りを感じさせるリリックで注目を集める中、2019年3月にEP「305」を限定発売し、即完売。同EPの再販を願う声も多い中、10 月にカセット化、11/3 レコードの日にアナログ化が決定。さらに12/4には初の全国流通作品となるEP「明星」の発売が決定している。https://kubotakai.com/


【IKI STAGE】NINETY-U with AMMERS
80's,90'sレゲエに強く影響を受けたオールドスクールなDEEJAY STYLEと、ユーモラスで何処か悪戯な切り口のリリックが魅力のレゲエアーティストNINETY-U。地元壱岐をDANCE ISLANDにすべく活動するダンスチーム、AMMERSとともに出演。SUNSET LIVE 2019出演。



OPENING ACT/壱岐高等学校吹奏学部
その他コンテンツは公式ホームページにて随時更新します。
公式HP:http://iki-sdgs.jp/iki-fes/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ