自転車で巡ろう、大阪市営の渡船

共同通信

 大阪市大正区の自転車店が区内の7カ所に残る市営の渡し船全てを自転車で巡った人に「完走」を証明する認定証を発行、サイクリストらに好評だ。自転車や徒歩による大阪の渡し船巡りは人気を集めており休日にはロードバイクに乗る中高年の姿も目立つ。地元では「新たな楽しみ方につながれば」と期待している。

 認定証を発行しているのは旅自転車専門店「ナニワ銀輪堂」。店主の中元豊仁さん(54)は「昭和の風情を残す臨海部を多くの人に知ってほしい」と話す。

 渡し船は買い物客らの足として利用されているが、45分に1便しかない渡船場もあり、回る順番などを工夫しないと半日以上かかる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ