元米政府高官が非公開証言

共同通信

 【ワシントン共同】米メディアによると、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)で今夏までロシア・欧州担当の上級部長を務めたフィオナ・ヒル氏が14日、トランプ大統領弾劾調査の一環として下院情報特別委員会などによる非公開の聴取に応じた。

 詳しい発言内容は明らかにされていないが、ヒル氏は、トランプ氏の私設弁護士であるジュリアーニ元ニューヨーク市長らが、トランプ氏の個人的な利益のために、通常の対ウクライナ政策を担う米外交官らの頭越しに「影の外交」を展開したなどと話した。

PR

PR

注目のテーマ