日米貿易協定を国会提出

共同通信

 政府は15日午後、日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の承認案を国会に提出した。24日にも衆院本会議で承認案の趣旨説明を行い、審議入りする見込み。11月上旬に衆院を通過させて、会期中の承認を確実にしたい考えだ。

 今国会の会期は12月9日まで。政府、与党は憲法の規定に基づき、承認案が11月8日までに衆院を通過すれば、参院が議決しなくても自然承認されることを念頭に置き、審議日程を組む構え。このため衆院審議が与野党攻防のヤマ場となる見込み。

 野党側は日本が貿易協定で自動車や関連部品の関税撤廃を得られなかったと批判している。

PR

PR

注目のテーマ