九州、冷え込み一番 桜島が初冠雪、福岡市で初雪

うっすらと雪化粧した民家の屋根=28日、福岡市早良区 拡大

うっすらと雪化粧した民家の屋根=28日、福岡市早良区

 九州地方は28日、真冬並みの寒気が流れ込み、各地で今季一番の寒さとなった。福岡管区、鹿児島地方両気象台によると、鹿児島市の桜島山頂付近で今季初めて冠雪を確認。福岡市では早朝にみぞれが降り、初雪を観測した。桜島の冠雪は、昨年より11日早かった。11月に初冠雪を迎えたのは2002年以来11年ぶり。福岡市での11月中の初雪は08年以来5年ぶりで、昨年より8日早かった。

 九州各地は日中も気温が上がらず、7県の123観測地点のうち北部を中心に67地点で最高気温が10度を下回った。ほとんどの地点で平年より8~4度も低かった。最低気温は、長崎県対馬市美津島などで11月の観測史上最低を記録した。寒気は29日にかけ強まる見込み。九州北部では平野部でも雪が積もる所があると予想される。

=2013/11/29付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ