ボクシング村田、12月初防衛戦

共同通信

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が12月23日に横浜アリーナで同級9位のスティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦に臨むと16日、所属ジムが発表した。33歳の村田は東京都内で記者会見し「かなえたい夢があるので、その一歩にしたい。試合に集中して絶対倒す」と語った。

 強打の相手との対戦に「面白い試合になると思う」と話し、同席した挑戦者は「番狂わせを起こす」と意気込んだ。村田は7月にロブ・ブラント(米国)との再戦を2回TKOで制して王座を奪回し、17戦15勝(12KO)2敗。24歳のバトラーは30戦28勝(24KO)1敗1分け。

PR

PR

注目のテーマ