スバル、群馬で車生産停止

共同通信

 SUBARU(スバル)は16日、群馬製作所(群馬県太田市)での完成車の生産を午後3時すぎから停止した。国内唯一の完成車工場だが、台風19号の影響で取引先に浸水被害があり、部品の調達に支障が生じたため米国拠点向けのエンジン生産など一部の工程を除いて操業を止めた。25日をめどに再開を目指す。

 群馬製作所では1日平均で約2500台を生産している。スバルは主要市場の米国で販売好調を維持しており、日本から完成車の輸出も多い。生産停止が長期化して輸出が滞れば、販売戦略に影響が出る可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ