競馬G1制したサトノアレス引退

共同通信

 日本中央競馬会(JRA)は16日、2016年の朝日杯フューチュリティステークス(G1)を制したサトノアレス(5歳牡馬)の競走馬登録を同日付で抹消したと発表した。今後は北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬となる予定。

 JRA通算16戦4勝(うち重賞1勝)で獲得賞金は1億9115万7千円(付加賞含む)。

PR

PR

注目のテーマ