近鉄が伊勢志摩限定の電子コイン

共同通信

 近鉄グループホールディングスは16日、三重県の伊勢志摩地域の観光施設や飲食店で支払いに使えるデジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」を発行すると発表した。スマートフォンに取り込んだ専用アプリにコインをチャージして使う。現金千円で1100円分のコインをチャージできる。

 11月11日から来年1月末までの期間限定で発行する。伊勢志摩地域の近鉄主要駅の特急券窓口などで現金を支払い、アプリにコインをチャージする。コインは三重県志摩市にあるテーマパーク、志摩スペイン村や志摩観光ホテルなど15施設で利用できる予定。

 チャージの上限は現金10万円まで。

PR

PR

注目のテーマ