勇壮、熊野速玉大社で早船競漕

共同通信

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「御船祭」の早船競漕が16日、大社近くの和歌山と三重の県境を流れる熊野川で行われた。9隻の木造船に乗った若者らが上半身裸の勇ましい姿でかいをこぎ、観客から声援が送られた。

 御船祭はご神体を乗せた神幸船が熊野川の河原にある御旅所へ渡る神事。早船競漕は、神幸船を案内する船が速さを競ったのが始まりとされ、大社の上流にある御船島を3周する約2キロのコースで実施された。

 写真撮影に訪れた三重県伊勢市の中北幸弘さん(79)は「勇壮だった。真剣勝負の迫力が伝わってきた」と話していた。

PR

PR

注目のテーマ