FRB、米景気認識を下方修正

共同通信

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、全国12地区の連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)を公表し、米国の景気は「わずかから緩やかに拡大した」との判断を示した。前回の「緩やかに拡大した」から下方修正した。貿易摩擦長期化や世界経済減速を背景に「製造業の活動が徐々に低下している」とした。

 報告は29~30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策を決める際の討議資料になる。企業の景況感が悪化しており、FRBは追加利下げの是非を慎重に検討するとみられる。

PR

PR

注目のテーマ