菅原経産相の辞任論浮上

共同通信

 与野党で24日、菅原一秀経済産業相(自民党)の辞任論が浮上した。同日発売の週刊文春で、地元・衆院東京9区内の有権者に秘書が香典を配ったなどと報じられ、寄付行為を禁じる公選法違反の疑いが出ている。立憲民主党の安住淳国対委員長は「事実なら責任を取ってほしい」と辞任を要求した。自民党内からも「本人の説明次第だが、続投は難しい」(幹部)との声が上がった。

 菅原氏は「国会で説明する」と経産省で記者団に明言。25日の衆院経産委員会で経緯を明らかにする意向を示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ