G20会合、持続可能な観光議論

共同通信

 北海道倶知安町で開催中の主要20カ国・地域(G20)観光相会合は26日、閣僚討議に入った。観光地の住民生活、自然保護との両立を目指す「持続可能な観光」の課題を議論。議長の赤羽一嘉国土交通相は「観光は女性や若者の雇用、環境や文化の保護に貢献できる」と強調。「各国の相互理解を促し、平和な国際社会の実現を果たすことがわれわれの責務」と呼び掛けた。

 観光市場は、景気回復や航空網充実などを追い風に拡大している。空港などのインフラ整備、ホテルをはじめとする雇用創出といった効果は大きく、会合では世界経済に最大限、貢献していくことを確認する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ