大阪の時短コンビニ、元日休業へ

共同通信

 自主的に24時間営業を短縮している「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」(大阪府東大阪市)のオーナーは28日、2020年の1月1日を休業にすると明らかにした。「従業員が休みを希望しているため」としている。

 28日に東京都内で開いたコンビニ加盟店のオーナーらが参加する会合で松本実敏オーナーが明らかにした。松本氏の店舗では現在午前7時~午後11時に営業時間を短縮している。松本氏は「休業を本部に伝えているが明確な回答が返ってきていない」としている。セブン―イレブン・ジャパン本部は「基本は本部とオーナーの合意が大前提だ」(広報)としている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ