尾張徳川家展 入場12万人に 九州国博

 九州国立博物館(太宰府市)で開催中の「尾張徳川家の至宝」展(西日本新聞社など主催)の入場者が29日、12万人を超えた。12万人目となった広島市西区の会社員奈良春香さん(21)に、同館の三輪嘉六館長から図録などの記念品が贈られた。友人と訪れた奈良さんは「学校で習った徳川家のことを知りたくて来ました。家康に関連する展示品が見たいです」と話した。

 展覧会は12月8日まで。週末は博物館周辺が混雑するため、同館は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

=2013/11/30付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ