星出さん宇宙滞在、別の飛行士に

共同通信

 【ワシントン共同】来年5月から予定されていた宇宙飛行士、星出彰彦さん(50)の国際宇宙ステーション長期滞在が、米航空宇宙局(NASA)の飛行士に交代となったことが29日、分かった。米企業2社が取り組む新型の有人宇宙船の開発が遅れている影響で、関係国が滞在要員を再調整したという。

 東京五輪・パラ期間中の滞在となるため、星出さんは宇宙から大会を応援することを検討していたが、実現は厳しくなった。

 新宇宙船の開発遅れに伴いステーションに滞在する飛行士数が減る恐れが発生。米国の飛行士がゼロになるのを回避するため、NASAが米国の飛行士に割り当てるよう提案した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ