LINE、赤字339億円

共同通信

 LINE(ライン)が30日発表した2019年1~9月期連結決算は、純損益が339億円の赤字となり、前年同期(60億円の赤字)から赤字幅が拡大した。スマートフォン決済「LINEペイ」の利用者拡大に向けた販促キャンペーンの費用などがかさんだ。

 売上高に当たる売上収益は前年同期比10・2%増の1667億円だった。新規利用者数の増加や、好調な広告事業がけん引した。営業損益は275億円の赤字だった。

 スマホ決済を巡っては、事業者間で利用者の囲い込みを狙った競争が激しくなっている。ラインは、5月に実施した300億円の還元キャンペーンに伴う費用が業績を圧迫した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ