NY株反発、115ドル高

共同通信

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利下げを好感して反発し、前日比115・27ドル高の2万7186・69ドルで取引を終えた。

 幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は9・88ポイント高の3046・77と反発し、過去最高を更新。ハイテク株主体のナスダック総合指数は27・13ポイント高の8303・98だった。

 FRBは30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、景気の下振れに備えて政策金利を引き下げることを決めた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ