日銀、マイナス金利拡大も

共同通信

 日銀は31日の金融政策決定会合後に公表した決定文に、利下げの可能性を明記した。景気をてこ入れする追加緩和に踏み切る際は、民間銀行から預かる資金に手数料を課す「マイナス金利」の幅を初めて拡大することも選択肢になることを示した。マイナス金利を年0・1%とする現行の大規模な緩和策は維持した。2019年度の物価上昇率見通しは7月時点の1・0%から0・7%に引き下げた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が直前に利下げを決め、日米の金利差が縮小した。円高ドル安が進む可能性が消えないため、日銀は利下げに動く構えを明確に打ち出すことで、円高回避を狙ったとみられる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ