東証反発、終値83円高

共同通信

 31日の東京株式市場は、景気下支えを狙った米追加利下げ決定を評価する買い注文が入り、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比83円92銭高の2万2927円04銭。米中貿易協議の停滞を懸念し、上げ幅を縮める場面もあった。

 東証株価指数(TOPIX)は1・11ポイント高の1667・01で、3日連続で年初来高値を更新した。出来高は約14億6200万株だった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が30日に政策金利の引き下げを決め、30日の米国株が上昇し、追い風となった。平均株価は一時2万3000円に迫った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ