井上尚弥戦は「最も重要な試合」

共同通信

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝(11月7日・さいたまスーパーアリーナ)で、世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と対戦するWBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)が31日、東京都内のジムで練習を公開し「キャリアで最も重要な試合。気持ちが高ぶっている」と力を込めた。

 世界5階級制覇の実績を誇る36歳。フィリピンの高温多湿な環境でスパーリングを積み「メンタル的にも研ぎ澄まされた」と自信十分だ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ