兼六園で樹木が冬の装い、金沢

共同通信

 金沢市の国の特別名勝、兼六園で1日、雪の重みから樹木を守るため、枝に縄を張る「雪づり」の作業が始まった。北陸に冬の訪れを告げる風物詩として知られ、庭師らが見事な枝ぶりを誇る「唐崎松」をはじめ、マツやツツジに冬の装いを順次施す。

 作業は12月中旬まで続き、来春まで木々を縄で放射線状に覆った風景を楽しめる。

 秋晴れの空の下、庭師が高さ約15メートルの柱の上までよじ登り、縄を四方八方に投げ下ろして枝に結びつける様子を観光客らは興味深そうに見上げていた。

 兼六園の庭師や市内の造園業者延べ500人ほどが、園内の800カ所超で作業に当たる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ