野党「最悪の試験止めた」

共同通信

 野党は1日、大学入学共通テストへの英語民間検定試験の2020年度導入見送りに関し、延期法案などを提出した成果だとして「最悪とも言える格差を助長する試験を止めることができた」(立憲民主党の安住淳国対委員長)と強調した。試験を巡る「身の丈」発言で批判を浴びた萩生田光一文部科学相の責任は重いとして、不信任決議案提出に言及する声も上がった。

 立民など野党4党は国会内で緊急集会を開催し、導入見送りが決まったことを所属議員に報告。立民の枝野幸男代表は「声を上げれば政治は動く。民主主義の本来の姿を久々にこの国に取り戻すことができた」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ