トヨタ、ミャンマーに工場新設

共同通信

 【ヤンゴン共同】トヨタ自動車は1日、ミャンマー最大都市ヤンゴン近郊で完成車組立工場の着工式典を行った。2021年にピックアップトラック「ハイラックス」の生産を始める。トヨタがミャンマーに生産拠点をつくるのは初めて。

 ミャンマーでは民政移管後に大量の中古日本車が流入したが、中古車に対する輸入規制の厳格化もあって新車需要が急増。昨年の国内での新車販売台数は全体で約1万8千台となり、前年比で2倍を超えた。工場新設で需要を取り込みたい意向だ。

 工場の敷地面積はティラワ経済特区内で約21万平方メートル。5260万ドル(約57億円)を投じ、年2500台を生産する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ