フェンシング女子、辻が初優勝

共同通信

 フェンシングの全日本選手権個人戦第4日は2日、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYAで行われ、女子フルーレは決勝で19歳の辻すみれ(朝日大)が菊池小巻(セガサミー)を15―8で下し、初優勝を果たした。辻は準決勝で3連覇を目指した東晟良(日体大)に6―5で競り勝った。

 女子サーブルは20歳の江村美咲(中大)が2016年リオデジャネイロ五輪代表の青木千佳(ネクサス)を15―11で下し、2年連続2度目の優勝を果たした。

 今大会は選手や剣の軌道をスローモーションなどで可視化し、攻守の状況を会場の観客にも分かりやすく見せる仕組みを導入した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ