首相、ASEAN会議へ出発

共同通信

 安倍晋三首相は3日午後、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議への出席などのため、タイのバンコクに向けて政府専用機で羽田空港を出発した。4日には東アジア地域包括的経済連携(RCEP)首脳会合に出席し、中国の李克強首相とも会談。5日午後に帰国予定だ。滞在中、対立が続く韓国の文在寅大統領との接触があるかどうかも注目される。

 首相は羽田空港で記者団に対し、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射に関し「今こそ国際社会が団結し、国連安全保障理事会決議を履行することが極めて重要だ」と述べ、各国首脳に決議実行を強く求める考えを示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ