和歌山・太地町で恒例のくじら祭

共同通信

 古式捕鯨発祥の地として知られる和歌山県太地町で3日、恒例の「太地浦くじら祭」があり、勇ましい伝統の鯨踊りが披露された。追い込み漁で捕ったクジラの肉を振る舞うコーナーも設けられ、大勢の来場者でにぎわった。

 祭りは、捕鯨にまつわる町の伝統芸能などを広めるため、毎年秋に開催。豊漁を祝い約400年前に始まったとされる鯨踊りを、民芸保存会が特設ステージで披露した。男衆や子どもたちは、もりに見立てた棒を力強く振り回しながら踊った。追い込み漁で用いる船に乗って沖合を遊覧する「漁船パレード」も人気だった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ