日銀、金融政策は利下げ方向

共同通信

 日銀の黒田東彦総裁は5日、名古屋市内で講演し「政策金利について、下方バイアス(偏り)があることを明確にした」と述べた。10月31日の金融政策決定会合の決定文に利下げの可能性を明記した狙いを説明した。

 追加金融緩和に踏み切る際は、現在マイナス0・1%としている短期金利の引き下げが選択肢とする一方、「政策金利の引き下げに限定したわけではない」と話し、資産買い入れの拡大なども候補と強調した。

 金融政策の判断基準としている物価上昇の勢いは「損なわれる恐れが一段と高まる状況でないものの、引き続き注意が必要な情勢にある」と語った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ