八村塁12得点、本拠地初勝利

共同通信

 【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは4日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでのピストンズ戦に先発し、約16分の出場で2試合ぶりの2桁となる12得点、4リバウンド、3アシストだった。チームは115―99で本拠地初勝利を挙げ、2勝4敗とした。

 八村は第1クオーターに3点シュートを含む10得点。第2クオーターにも空中でパスをキャッチし、直接ダンクシュートを決めた。出番が減った後半は無得点だった。

 グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太はホームのロケッツ戦で今季初めて出場登録されたが、出番がなかった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ