イランで未申告放射性物質を検出

共同通信

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は7日、イラン核問題を巡る特別理事会を開き、同国の核活動に対する査察状況を協議した。米国のウォルコット駐ウィーン代表部大使は理事会後、IAEAがイランで未申告とみられる核物質を検出したと記者団に語り、徹底究明の必要性を強調した。イラン核合意に打撃となる恐れがある。

 詳細は明らかにしなかった。外交筋によるとIAEAは6日、イランの首都テヘラン郊外の「秘密施設」で検出した核物質について加盟国に説明。分析したところ、天然ウランが検出されたという。イラン側から十分な協力を得られていないとしている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ