キリンの赤ちゃん公開、和歌山

共同通信

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」が11日、10月に生まれたアミメキリンの赤ちゃんの公開を始めた。

 施設によると、雌で10月18日に誕生した時の体長は約170センチ、体重約50キロだった。母乳で元気に育っているという。11日は来場者の前に姿を見せると、母親の後をくっついて歩き、時々跳ねるようなしぐさも。

 写真を撮っていた奈良県大和郡山市の無職石田至宏さん(67)は「赤ちゃんキリンを見るのは初めて。警戒しているのか、母親が守っているように見えた」と話した。

 当分の間、公開時間は午後1時半~3時半。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ