今秋、台風や前線で多雨 気象庁の天候まとめ

 気象庁は2日、接近数が記録的に多かった台風や秋雨前線の影響で、今秋(9~11月)は全国的に降水量が多く、特に北日本(北海道、東北)の日本海側と北陸では1946年の統計開始以来、最も多かったとの天候まとめを発表した。

 気象庁によると、9~10月は伊豆大島(東京都大島町)に甚大な被害をもたらした台風26号を含め、9個の台風が日本列島に接近した。51年の統計開始以来、台風の接近数は66年と並んで最多で、降水量はほぼ全国的に平年を上回った。

 11月も北日本の日本海側と北陸で特に降水量が多かった。

PR

PR

注目のテーマ