桜の会、二階氏「選挙区に配慮」

共同通信

 自民党の二階俊博幹事長は12日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に地元の後援会員を招待する是非に関し「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」と語った。自身が招待したかどうかは「思い出せない」とした。同会を巡っては、安倍晋三首相の地元後援会員が多数招待された疑惑が指摘されている。政府は招待客を適切に選定していると強調した。

 政府は各界で功績、功労があった人物を各省庁の意見を踏まえて招待すると説明している。

 内閣府の大塚幸寛官房長は12日の衆院地方創生特別委員会で招待客選定について「プロセスは適正だと考えている」と述べ、問題はないとの認識を表明した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ