医師が検査忘れ、70代患者死亡

共同通信

 愛知県がんセンター(名古屋市千種区)は13日、70代の男性患者が抗がん剤の化学療法を受けた際、主治医が必要な検査を忘れ、B型肝炎が再活性化し、今年1月に別の病院で死亡したと発表した。同センターは遺族に謝罪し今後、損害賠償の話し合いをする。

 センターによると、男性は濾胞性リンパ腫と診断され、昨年6~10月に抗がん剤による化学療法を実施。ガイドラインでは月1回実施するよう推奨されているB型肝炎のウイルス遺伝子検査を行っていなかったため、再活性化に早期に気付けなかった。

 遺伝子検査は2回目以降、主治医に任せられており、忘れたことをチェックする仕組みがなかった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ