元患者家族補償法案15日成立へ

共同通信

 ハンセン病元患者家族に最大180万円を支給する補償法案と、名誉回復を図るハンセン病問題基本法改正案は14日、参院厚生労働委員会で全会一致により可決された。15日の参院本会議で可決、成立する見通し。

 加藤勝信厚労相は質疑で「元患者や家族は偏見や差別の中で、言い難い苦痛や苦難の道があった。その責任を自覚して反省し、当事者の皆さんの話を聞きながら名誉や家族関係の回復にしっかり取り組む」と強調。また、来年1月末には補償金を支給できるよう作業を進めていると述べた。

 補償法案は前文に、国会と政府による反省とおわびを明記。元患者の親子や配偶者に180万円を支給する。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ