ドイツGDP、0・1%増

共同通信

 【ベルリン共同】ドイツ連邦統計庁が14日発表した2019年7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比0・1%増だった。4~6月期に続く2期連続のマイナス成長は免れ、辛うじて景気後退局面入りは回避した。

 統計庁によると、7~9月期は、前期と比べて特に個人消費が伸び、輸出や建設投資も増えた。一方、設備投資は減少し、輸入は横ばいだった。

 ドイツ経済は米中貿易摩擦の長期化や英国の欧州連合(EU)離脱問題を巡る先行き不透明感を背景に、自動車や機械などの輸出の大幅な落ち込みが懸念されていた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ