ノーベル賞本庶氏が母校で講演

共同通信

 ノーベル医学生理学賞を昨年受賞した京都大の本庶佑特別教授(77)が15日、母校の山口県立宇部高の創立100年を記念して宇部市で開かれた式典で約700人の生徒らを前に講演し「研究をさらに進め、がんを克服できる時代が来ることを願う」と話した。

 本庶さんは体の免疫反応にブレーキをかけるタンパク質「PD1」の発見や、この研究を基にした「がん免疫療法」で、新たながん治療の原理を確立するまでの道のりを紹介。医学が克服するべきテーマを「20世紀は感染症、21世紀はがん」と挙げた上で「やがては免疫療法によって、治療をしなくても、がんと共存できるのではないか」と述べた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ