規制委、北電の泊原発を現地調査

共同通信

 原子力規制委員会は15日、北海道電力泊原発(泊村)の敷地内の断層を現地調査した。北海道電は「活断層ではない」と主張しているが、規制委の石渡明委員は調査後「(断層の)上の地層がいつの時代か検討する必要がある」と述べ、北海道電にさらにデータを拡充するよう求めたと明らかにした。

 泊原発は再稼働に向けた審査中。規制委は、今後の審査会合でデータを基に最終的な判断を示す。活断層と断定されれば、より強い地震が発生するとの想定が必要になる可能性があり、審査は長期化する。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ