一部で開票遅れと選管

共同通信

 【コロンボ共同】16日投開票のスリランカ大統領選について選挙管理委員会は17日、「一部地域で開票作業が遅れている」と明らかにした。降雨により開票所への投票箱運搬に時間がかかったと説明。全体の開票作業にも影響が出るとみられる。

 選管は17日未明、南部ゴールと北部ジャフナの不在者投票の結果を発表した。計7万票余りのうち、プレマダサ住宅建設・文化相(52)の得票率が約53%、親中派の前大統領の弟であるラジャパクサ元国防次官(70)は約38・9%。

 有権者は約1600万人で、選管は投票率が80%を超えるとの見通しを示している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ