震災25年に始発繰り上げ、神戸

共同通信

 神戸市交通局は18日、阪神大震災から25年となる来年1月17日早朝の追悼式典に多くの市民が参加できるよう、市営地下鉄の臨時便を運行して始発を繰り上げると発表した。市内を走るポートライナーと六甲ライナーを運行する外郭団体の神戸新交通も同様に対応する。

 神戸市では例年、1月17日に同市中央区の公園「東遊園地」で式典が開かれ、地震発生時刻の午前5時46分に市民が黙とうしてきた。普段の地下鉄の始発は午前5時半前後だが、今回は地下鉄西神・山手線と海岸線で午前4時台にそれぞれ1本ずつ臨時便を出す。震災20年の2015年にも始発を繰り上げた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ