【429人にアンケート調査!当時お子様のために何をしていましたか?】子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました!医学部受験のコツとは…!?

PR TIMES 株式会社アクト

すべての第一歩を、ここから。
7%

みなさんは、この数字が何かご存知ですか?

この数字は、医学部受験の平均合格率だと言われています。
最難関と言われる医学部受験に合格するためには、受験する本人の努力が一番大切です。

しかし、受験する本人が受験当日に本領を発揮できるようにさまざまな面で周囲の人々の手厚いサポートも必要になります。家庭教師や塾選びはもちろんですが、何よりも身近な存在となる母親の対応が重要ではないでしょうか。

お子様が医学部受験の経験があるお母さまは、どのような工夫をして受験成功に導いたのかを知りたいですよね?

そこで今回、PMD医学部専門予備校を運営する株式会社アクトhttps://www.pamda.info/)は、子どもが医学部受験をしたことのある母親を対象に、「医学部受験のコツ」に関する調査を行いました。

冬期講習など受験へ向けた追い込みが本格化するなかで、経験者のリアルな声やアドバイスを参考に、母親としてよりよい受験環境づくりができるようにコツを盗みましょう!

調査概要 : 「医学部受験のコツ」に関する調査
【調査期間】 2019年11月6日(水)~ 2019年11月11日(月)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 429人
【調査対象】 子どもが医学部受験をしたことのある母親
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
受験を控えたお子様の『学習面』『精神面』『身体面』それぞれで母親が実践していた対策方法とは…!?


はじめに、「医学部を受験する上で最も心配だったことは何ですか?」と質問をしたところ、『学習面(56.2%)』『精神面(22.8%)』『身体面(22.0%)』という結果が出ました。

学習面での心配が大きくなれば精神面や身体面にも影響が出るのではないかと不安が大きくなります。
間近で苦労している姿を見ているからこそ、心配事は尽きないですよね。

では、学習面、身体面、精神面で心配されていた方にそれぞれ、具体的な対策をお聞きしました。

■学習面のサポートのために実践した対策
・「難関大用の模試を積極的に受けさせた」(新潟県/40代/パート)
・「医学部受験に強い塾や予備校に通わせた」(岩手県/50代/専業主婦)
・「医学部受験の経験のある友人から各学校の受験に関して裏情報を含め情報収集」(東京都/60代/専業主婦)

■身体面のサポートのために実践した対策
・「休憩、睡眠時間をしっかりと確保させました」(石川県/40代/会社員)
・「インフルエンザが流行していたので、感染予防を徹底した」(鹿児島県/50代/専業主婦)
・「風邪をひかないよう、栄養面で気を付け、家の中を冷えないようにした」(大阪府/60代/自営業)

■精神面のサポートのために実践した対策
・「勉強の調子が悪くても責めたり、干渉しすぎたりしない」(大阪府/40代/会社員)
・「特に意識しないふりをしていつも通りに接していた」(新潟県/50代/専業主婦)
・「追い詰めるような事は一切言わずに、温かく見守っていた」(東京都/60代/専業主婦)

学習面、身体面、精神面でのサポート方法に悩むお母さま方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?
では、反対に医学部へ受験するお子様を抱えていたお母さまは、何に一番苦労していたのでしょうか?

■これから受験するお子様を持つ母親へ…!ここ苦労しますよ!
・「無理をしすぎる場面が多く、食事も含め健康管理をすること」(大阪府/50代/会社員)
・「TVの音量を小さくするなど不自然なことをせず、普通に見守ることが苦労した」(福岡県/50代/パート)
・「なるべくリラックスして貰えるよう、人一倍気を遣いました…」(山口県/60代/専業主婦)
医学部へ受験したお子様にこうしておけばよかったというタラレバは●●…!?

医学部へ受験したお子様を抱えていた母親は、当時どのような対策をし、何に悩んでいたかわかりましたね。
では、「これをしてたら…あれをしていれば…」と当時を振り返っての"タラレバ"はあるのでしょうか?



続いて、「医学部受験を終えて「もっとこうすればよかった」と後悔したことを教えてください。」という質問をしたところ、『息抜きの時間を作る (24.0%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『塾探しを妥協しない(18.9%)』『話し合いの時間を作る(16.3%)』『ガミガミ言わない(12.8%)』という結果が出ました。

受験を終えて初めて分かることがあるので、先輩の意見は参考にしたいですね。
母親に聞いた、「当時を振り返ってどうでしたか?」印象的なエピソードから良かったこと、合格できたポイントまで判明しました…!

母親たちは、当時お子様が医学部に受験することに関して、何が1番印象に残ったのでしょうか。

そこで、「医学部受験について最も印象的なエピソードを教えてください。」という質問をしたところ、『体調管理が大変だったこと(36.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『受験に前向きに取り組んだこと(29.1%)』『勉強時間の管理が大変だったこと(24.9%)』と続きました。

体調の管理が特に大変かもしれませんが、受験する本人が受験に前向きに取り組んでくれることは嬉しいですよね。



また、「医学部を受験して良かったことを教えてください。」という質問をしたところ、『努力している姿が見られたこと(45.9%)』と回答した方が最も多く、次いで、『長年の目標を達成できたこと(29.8%)』『家族の仲が深まったこと(10.3%)』と続きました。

辛いことや苦しいことがあっても、諦めなければ医学部を受験して良かったと思う日が来るということでしょうか。
そのためには、どうすれば合格できるのかというポイントを知っておくことが重要です。



続いて、「合格できたポイントだと思うのはどのような点ですか?」という質問をしたところ、『本人の努力(52.7%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『塾など受験専門家のサポート(20.1%)』『家族のサポート(13.3%)』『学校のサポート(8.9%)』という結果が出ました。

本人の努力はもちろんですが、周囲のサポートがなによりも大切です。
特に、専門家によるサポートが合格に近づくためには必要だと判明しました。
受験時期のお子様には「いつも通り」に接しましょう


最後に、「受験時期のお子様とどのように接していましたか?」という質問をしたところ、約7割の方が『いつも通りに接した(69.0%)』と回答しました。
勉強に集中できる環境づくりができるかどうかは、母親の受験生への接し方にもヒントがあるようです。

母親にとって、大切なお子さまが難関の医学部合格を目指している期間は身代わりになることもできず、悩み苦しむ姿を見守り続けなければならないもどかしい期間でもあります。

受験生本人だけでなく母親にとっても学習面・身体面・精神面に関する心配や不安は尽きません。

ご家族のサポートがあれば乗り越えることができると信じ、目標達成に向けてできることからしっかりと対策していきましょう。
医学部受験に特化した予備校『PMD医学部専門予備校』


株式会社アクトが運営する『PMD医学部専門予備校https://www.pamda.info/)』は、医学部受験に向け、基礎固めから実践問題が解けるようになるまで、受験生一人ひとりに最適な指導体制を築きます。

国立医学部コース私立医学部コースを設けており、それぞれに極少人数での「ゼミコース」と個別指導の「マンツーマンコース」の授業形態を設けています。

実績を持つAI教材『atama+https://www.igakubu-juku.com/atama-plus.php)』を導入し、回り道することなく最短ルートで医学部合格を目指せる指導を行っています。

PMDは、受験に関する長年のノウハウを活かし保護者を含めた面談や、メールや電話での相談にも対応しています。どうお子様をサポートすればいいのかお悩みの保護者にも役立てていただければと思います。

また、医学部受験応援コンテンツhttps://www.pamda.info/ouenkontentu-2020nyuusihenkouten/)も充実しており、医学部受験のスペシャリストであるPMDスタッフが医学部入試に役立つ記事を公開しています。
冬期講習・直前対策のご紹介!


PMD医学部予備校(福岡校・熊本校・鹿児島校、長崎校)では11月1日より冬期講習の受付を開始しています。

センター試験、私立大学受験対策
通常授業にプラスして自信をつける
2学期までの学習内容をしっかりカバー

など、個々の目標に合わせた受験対策をマンツーマンで行います。
入試直前の最終調整として受講されてみませんか?

1科目からでも受講は可能ですので、他の予備校に通われている方でもお気軽に受講頂けます。
お子様の医学部受験合格に向けて、PMD医学部専門予備校をご検討されてみてはいかがでしょうか?

■PMD医学部専門予備校(株式会社アクト):https://www.pamda.info/
■TEL:092-406-7088
■お問い合わせ:https://www.pamda.info/%e3%81%94%e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ