京大病院、薬剤濃度誤り患者死亡

共同通信

 京都大病院は19日、腎機能障害のある心不全の成人男性の入院患者に、誤って濃度の高い炭酸水素ナトリウムの薬剤を投与し、男性がその後死亡したと発表した。遺族の希望で、年齢や死亡時期を明らかにできないとしている。

 京大病院によると、コンピューター断層撮影(CT)検査で造影剤によるアレルギー反応を緩和するため、男性の担当医は炭酸水素ナトリウムの処方を決めた。その際、本来使用すべき濃度の6・7倍の製剤を誤って選択し、看護師が点滴で投与した。男性は血管の痛みのほか、医師を呼ぶよう訴えたが、点滴が続けられた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ